ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

ルヴァン第5節 vs清水エスパルス(若手の躍動でダービー勝利!)

いい試合でしたね〜。
昨日のゲームはルヴァンカップでしたが見ることが出来ました。

驚いたのが宮崎のボランチ起用でした。
もちろん選択肢としては前々からあると思っていましたが、松本や伊藤という本職の選手を差し置いて起用してくるとは思いませんでした。
そして松本昌也はサイド起用でしたね。
宮崎はやはりボランチでも安定感のあるプレーを見せてくれましたね。


なんといってもヒーローは中野と荒木でしょう。
まずは中野の2ゴールは痺れました。
先制点は得意な裏抜けからでしたが、動き直したのが素晴らしかったですね。
1度プルアウェイして相手の間を取りましたがボールが出なかったので、すぐに動き直して、相手の裏をつきました。
これが彼の良さでもあり、小川航基に必要なプレーでしょう。
また、守備でも中野は良かったです。
プレスバックは早かったし、しっかりボールを奪いに行く守備を前線からしてました。
その分足がつってしまい交代になりましたが、気持ちの入った素晴らしいプレーでした。

そして2アシストの荒木。
先制点のスルーパスはお見事でしたが、圧巻は2点目のアーリークロスですね。
前半から仕掛け続けたのが伏線となって、相手の対応が若干遅れたので、ほぼノープレッシャーでクロスを上げられました。
リーグ戦の柏戦に続いて結果を出したのも良かったです。
課題は守備ですね。ウイングバックは守備もきちんとしなければなりません。
昨日は村田の対応に手を焼いていた印象で、大南との連携もいまひとつでした。
まぁ大南は左をやるのが初めてとの事ですし、仕方のない面もあります。


上原はゲームメイクに少し苦しみましたね。
時折見せてくれたサイドチェンジのロングパスはやっぱり素晴らしいですが、全体的に2度3度とボールを持ち直すシーンもあったりしたのが気になりました。
もっとシンプルに捌いて動くプレーを出来るといいですね。リーグ戦だと出来ているので。


山本康裕の安定感は素晴らしい。
彼が入って中盤が落ち着くと同時に活性化し、2点目に繋がりました。
サッカーを分かっているなぁという印象です。
戦術理解度も高いですし、いまや欠かせない存在ですね。


週末のリーグ戦に繋がる素晴らしい勝利でした。
試合を締めるのに松浦、高橋と主力を使う辺りに
名波監督の気持ちが見えました。
神戸は今イニエスタで盛り上がってますけど
しっかり叩いて3連勝といきましょう。