ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

第12節 vs柏レイソル(劇的逆転勝利で連勝!)

素晴らしい試合でした!
暑さと連戦の中、最後まで集中を切らさずに走り切った選手達は本当に素晴らしい。
また、攻撃的采配で勝ちに行った名波監督もお見事でした!


前半はジュビロペースで進みました。
伊東純也のスピードを殺せず先制されましたが
焦りはなかったですし、すぐに追いつけたのが良かったですね。
それも山田大記のゴールで。これはデカい。
田口が攻守で効いてましたね。元々読みが鋭くインターセプトは多い方なんですが、今季は奪い取れる力も付けてきたと思います。
前節も田口のボール奪取からゴールが生まれましたし、この試合も終始相手ボランチに睨みをきかせながら狙ってましたね。

相棒の上原は、良くも悪くも動きが多い選手なので
柏には上手くハマった印象です。
中盤でボールを受ける時も、味方が受けた時も
止まらず動くので、ビルドアップで詰まるという
シーンはほとんど無く、柏DFを惑わせました。
これがゾーンで構えて守ってくるチームだと上原に必要なスペースが出来ず、良さが出ないので
そういう相手にも存在感を示せるかが今後の彼の課題だと思います。この試合は良かったですね。

そして松浦のキレキレっぷりがやばいですね笑
絶好調です。いい位置でもらえているし、常に前への選択肢を持ってますから相手も怖いでしょうね。
悪い時の松浦は後ろ向きのプレーが多いので
このまま積極的に前に意識を持ってほしいです。


川又もだいぶ動きが出てきました。
シーズン序盤はペナルティエリアに張っていることが多く、ボールを引き出す動きがほとんどありませんでしたが、ここ数試合でサイドに流れたり、ボールを受ける動きが増えてきた印象です。
元々裏抜けの意識は高い選手なので、ポストプレーの精度が上がってくると止められない選手になれそうです。
インタビューで語ってましたが、味方にゴールを取らせるプレーも意識してやりたいとのこと。
これは非常にいい心持ちだと思います。
こういうメンタリティだといずれ決定機は自分の所に転がってきますからね。
小林祐希がまさにそうでした。


連戦の疲労に加えて暑さも厳しくなってきました。
ギレルメの愚行と小川大貴が痛めたようだったので
サイドの選手層が若干心配ですね…。
小川大貴はせっかく欠かせないピースになっていたのでどうか軽傷であってほしいです。
ボランチは田口が出ずっぱりなのが心配ですが、
山本康裕と上原の併用は今のところ上手くいってますね。
山本には名波監督も相当気を遣いながら起用しているのが分かります。素晴らしいです。

何はともあれ素晴らしい逆転勝利で連勝です。
セレッソ戦から素晴らしい内容のゲームが続いてますね。
名波監督も手応えがあるのではないでしょうか。
ようやく今年のチームが出来上がりつつありますね!!!