ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

ギレルメをどう生かす?

今シーズン新加入のギレルメ。
ここまで左サイドのファーストチョイスで起用されています。
しかし、ミスやボールロストも多く、もったいない!と思うシーンもよく見ます。
クロスもなかなか合わないですし、、

低い位置から仕掛けるドリブルも怖いですよね。
取られたら即カウンターに繋がりますし、リスキーだなぁと思うこともしばしば。


とまぁ、どちらかと言えばポジティブな面より
ネガティブな面が気になってしまうギレルメ。
ですが、現在のジュビロでは唯一縦に仕掛けられる選手ですし、相手の脅威になっているのは間違いなくギレルメだと思います。
生かすも殺すも周りのサポート次第かなと考えています。

ギレルメはボールを持つと1人で仕掛けるシーンが多く、ボールを失うことも多いです。
持ったら縦に仕掛けてクロスというのがお決まりになっています。

ではなぜ、彼は単独の仕掛けを選択するのか。

彼に周りの選手か適切な立ち位置や距離感でサポート出来ているのか、というのが疑問です。

鳥栖戦の先制点は、ギレルメと新里のコンビネーションでサイドを崩し、マイナスの折り返しを松浦が決めました。
あのシーンは、ギレルメはシンプルに新里に預け、
再び出ていく、というプレーを選択しました。
これは新里のサポートのタイミングが適切だったからだと思います。
仙台戦の田口の惜しいダイビングヘッドのシーンも同じです。
ギレルメは決してサッカーIQが低い選手ではないように思えるんですね。
縦パスの感覚は素晴らしいですし、守備戦術には素早くフィットしました。
ですから、攻撃面でも彼が持った時のサポートの質を上げて、よい選択肢を与えてあげて欲しいです。
縦に追い越す動きや、中央に切り込むスペースを作る囮の動きであったり、ワンツーを出来る立ち位置や角度。

そういった、質のいいサポートを出来るかで
今後のサイドアタックの精度が変わってくるのではないでしょうか。
今は持ったら仕掛けるというのが観ているこっちも丸わかりで、選手達もそんな感じですよね。
これじゃなかなか突破するのは難しいし、対応されてしまいますからね。
アダイウトン不在というのもあり、昨年に比べ攻撃時の推進力、迫力は落ちています。
ギレルメの存在はかなり重要です。


生かすも殺すも周りのサポート次第。