ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

第6節 vs清水エスパルス(立ち塞がる清水の防波堤)

白熱の静岡ダービースコアレスドローに終わりました!
チャンスはどちらとも少なかったですが、決めきれなかったですね。

やはり清水は堅実なチームになっていました。
特別なことはしてませんが、全員がハードワークして、プレスバックを怠ることもなかったですし、
チームとしてまとまっていましたね。

ジュビロは攻撃のアイデア不足を痛感しました。
左サイドへの展開は多く見られましたが、
そこからの攻撃が単調で、動き出しやアイデアがなく、ただクロスを放り込んで跳ね返される
というシーンばかりでした。
ギレルメにはもう少し工夫が欲しかったなと思いますし、当然川又や山田のサポートもよくなかったと思います。
結果的に、ギレルメはクロスしか選択肢がない
という場面も多くありました。
ダブルボランチも前半はゲームメイク出来たとは言い難く、難しいゲームになりました。
守備では、前線のデュークとクリスランへのラフなボールに苦戦しましたね。また、石毛と金子の両サイドハーフが中に入ってくるので、マークが曖昧になり、縦パスを何本も通されました。
あそこはしっかり改善しなければいけないポイントですね。


ポジティブな要素としては、山田大記が調子を上げてきましたね。
山田らしい突破やチャンスメイクを見ることが出来ました。
中村俊輔との距離感も今までで1番よかったのではないでしょうか。
また、後半は出足が早くなり、試合を支配することが出来ていました。上原や田口が攻撃に絡む回数も増えましたし、守備も安定していました。
最後の精度が……悔やまれますね。


よく戦えていたと思います。
ですが、まだまだ上位を狙える力は付いていないなとも思いました。
やはりアダイウトン、ムサエフの不在を感じました。
ですが、試合はまだまだ続きます。彼ら抜きでこれからもやっていかなければなりません。
中2日で試合がまた来ます。次は勝ちましょう。