ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

第5節終了!現時点のJ1を振り返る

J1リーグが開幕し、5試合を終えました。
現在の順位は以下の通りです。

1 広島
2 仙台
3 川崎
4 清水
5 柏
6 鳥栖
7 鹿島
8 名古屋
9 FC東京
10 磐田
横浜
12 C大阪
13 神戸
14 湘南
15 札幌
16 長崎
17 浦和
18 G大阪


上位陣で言いますと、城福新監督の下、再出発を切った広島がここまで好調。
やっていることは特別な事は特にないですが、パトリックという武器をフルで生かしつつ
元々個のクオリティーは高いですし、昨年と違って見違えるほど走れていますね。

それから、仙台は面白いですよね。
昨年途中から少しずつ渡邉監督のサッカーが形になってきた感はありましたからね。
チームの核である三田が移籍し、前評判は高くありませんでしたがここまで好調です。
個人的に注目してた庄司選手がここまでまだ存在感を見せられてないので今後期待したいです。

そして昇格組では名古屋がいい滑り出しですね。
開幕戦で私はこれは台風の目になると思いましたが
今のところその通りになってますね。
ガブリエルシャビエルがJ1でも猛威を振るっています。
凄まじい破壊力を持つ攻撃力に対し、守備はまだ課題もみえます。先日も鳥栖に2点差をひっくり返されてますし。
名古屋のサッカーは皆さん注目ですよ。

同じ昇格組の長崎はここまで未勝利。
負けた試合は全て1点差と後一歩といった感じでしょうか。
未勝利でいえば、浦和とガンバという名門が揃って絶不調です。
両チームとも新たに加入した外国人選手が鍵を握りそうです。
個人的にはガンバはいずれ上がってくるのではないかと思っています。

新監督でスタートを切った広島や清水と札幌、ガンバで明暗くっきり分かれた格好となっています。
札幌、ガンバ共に言えるのは、時間はある程度必要だということです。
サッカーは簡単なスポーツではありません。
監督が代わればサッカーも変わります。
成熟するには時間が必要ですから、まだ焦る必要はないと思います。まだ5試合終わっただけですし。


まだまだ混戦ですし、ここからの連戦で
大きく順位が入れ替わることもきっとあるでしょう。
降格圏の2チームがいずれも地力のあるチームということもあって気が抜けません。


我らがジュビロもここからが勝負。
ターンオーバーを上手く活用しながら一戦必勝で
いきたいところです。