ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

雑談 日本代表について

W杯が近付いてきましたね。
重要なテストマッチだった、マリ戦、ウクライナ
結果は一分け一敗。
内容も芳しくなく、不安の残る結果となりました。


ます気になるのはとにかく守備ですね…。
囲んでも取れないというのが最も最悪なんですが
そういうシーンが多発してましたね。
囲み方が悪いのか、個の能力が劣るのか…

また、名波監督がよく言う、中締めとスライドの意識も希薄。
中締めが出来てないので縦パスをズバズバ入れられる。そして、そこで潰せず展開される場面も多発。
また、サイドを揺さぶられるとあっさりサイドからやられるってシーンも…


こう振り返るといい所ゼロかよと思いますね。
ただ、槙野選手は2戦とも一番やれてたなと感じています。フィジカルもスピードも通用していたし、
落ち着きも感じられ、足元の技術もあるので、ボールを持っても安定感がありました。
おまけに点とるしね。よかったです。

攻撃では、中島翔哉インパクトを残すも
他はよかった点を見つけるのが難しい。
ます奪った後のファーストプレーの質が悪過ぎる。
結局これなんですよね。
いい守備からいい攻撃へ とよく言いますが
本当にその通りで、いくらいい形でボールを奪ったとしても、その次のプレーにミスが生まれると
結局相手ボールになってしまい、攻撃に繋げられませんよね。

縦に早く攻めるというのをハリルはやりたいようですし、指示や選手がやろうとしていることを見るとよく分かるんですが、焦って前に出してミス
縦に急ぎ過ぎてミス ってシーンがあまりにも多い。
だからといって、遅攻出来るほどの攻撃の構築は出来てないし、ビルドアップも絶望的なので
ボールを落ち着けても効果的な攻撃へは移れませんでしたね。

収穫は中島翔哉
彼のアジリティと攻撃センスは素晴らしい。
ウクライナ戦の終盤、久保へ出したラストパスのシーンは、彼の良さが凝縮されたプレーでした。
あそこで、長友へ展開せず、ターンして中を向きファーを見れる選手は、少なくとも日本には限りなくゼロに近いですね。
また、個人的に大島僚太原口元気にも好印象を持ちました。
前者は絶望的ビルドアップの解決策になれちゃう選手です。怪我が本当に惜しまれる…。
後者は攻守の切り替えがチーム一早く、また質が高いので、ハリルサッカーにはピッタリだし、
やっぱりガツガツいく姿勢がすごく好きです。

中島翔哉をトップ下で、原口スタート、切り札宇佐美
みたいな使い方がいいなぁなんて思いました。


つらつら言いましたけど、本番で結果だせば言いわけですし、ハリルサッカーは勝つことにフォーカスされている、つまり面白いサッカーワクワクするサッカーとかは求めてないので、
全ては本番次第だと思います。
勝てば全て正しかったということになりますし。

私は期待しています。厳しいですが、弱者のサッカーを受け入れて、それに徹することが出来れば意外と…なんてこともあると私は思っています。


(とりあえず川辺駿呼んだら?三竿よりいけるぞ)