ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

ヤケクソでいろんなフォーメーション考えてみた

戦術の核であったアダイウトンの負傷で
いろんな策を練り直す必要が出てきたジュビロ

とにかく私はショックなので、いろんなフォーメーションを考えてみました。

まずは、現状一番いいんじゃないかと思うこちら!
f:id:tawai_olibuj:20180322221528p:plain
田口を1列前に上げ、ムサエフと上原のボランチシステムです。
3バックで守備が安定してきたので、いじらず
田口を上げ、ムサエフを入れることで中盤の強度をアップを狙いました。


f:id:tawai_olibuj:20180322221848p:plain
お次はこちらの4-4-2システム。
これは中村俊輔不在を考えた場合に限りますが。
個人的に山本康裕はこのポジションが最も輝くと思っています。新潟時代の彼はここで素晴らしかった。
彼の走力と得点力をフルに生かせると思います。
また、ギレルメの攻撃力も生かしたいので1列前に上げました。
ギレルメは中央に切り込んでプレーすることも出来るので意外とハマるのではないかと。


f:id:tawai_olibuj:20180322222248p:plain
続いてはこれ。
名波監督就任以降1度も採用されていない
アンカーシステムです。
田口の加入と、上原の成長でこのシステムでもいけるのではないかとおもいました。
注目は荒木大吾。ドリブルで仕掛けられる選手が少ない今のジュビロには貴重な選手です。
やはり彼には前で勝負するプレーをさせてあげたいです。右は太田吉彰でも面白いかもしれません。


とまぁいろいろ現実的でない話をベラベラとしてきたのは承知してます。
サッカーはちょっと練習しただけでうまくいくような スポーツではないですし、コロコロ変えるとかえってダメになるチームだって沢山ありましたから。
ですが、現状得点力に関しては悩みの種となってますよね。俊さんのセットプレーも全く合わないですし、ポゼッション主体の攻撃をしたいのは分かりますが、まだ時間が要りそうですからね。
やり続けるしかないです。ほんとに。

次節はこちらも悩める浦和です。
なんとかここで叩いておきたい。


川又堅碁、小川航基
爆発せよ。