ジュビロへの憧憬

ジュビロ磐田、そしてJリーグへの想いを綴ります

フライデーナイト

ハーフタイムショーの韓国の歌手
歌上手かったですねー
会場に漂う「なぜ君なの?」オーラをもろともせず
完璧に歌ってましたね、ちょっとファンになりました(笑)


そんなことはさておき
昨日遂にJリーグ開幕しましたね!!!
初の金曜開催ということで注目も浴びた中で
鳥栖vs神戸という渋いカードでしたが
なかなか見応えのある試合でした。

クラブのアイコン豊田を放出して勝負のシーズンになる鳥栖バルセロナを目指して、ポドルスキアンカー説もあった神戸。

前半は圧倒的な鳥栖ペース。
早々と先制して、守備を固めつつ奪ってからは素早いカウンターがどハマりしてました。
小野と田川は特によかったですね。

神戸は何がしたいのかよくわからんなーって感じで
ただ守備ブロックの外でボール回すだけで
ほとんどチャンスもつくれず…。
個人的には三田をボランチに戻して、ポドルスキと縦関係でやらせると
ポドルスキがわざわざ下がってきてゲーム作る負担が減るのではないかと思います(単純にボランチ三田が見たいだけ)f:id:tawai_olibuj:20180224115000j:plain
前半のヒートマップ。
こんなに一直線に集うことってなかなかないですよね。
距離感を近くして、ボール回したいんだろうけど
もっとマイクがDFラインを釣ったり、サイドの選手が裏抜けの動きとかしないと
永遠に守備ブロックは崩れないな…なんて思って見てました。


とか思ってたら後半は神戸のゲームに。
すごくシンプルなプレーになってよかったです。
早めに小川とウェリントン投入して、何と小川をSBで起用!
ただ、この采配でやりたいことはハッキリしました。
サイドからシンプルに攻めようってね。
そしてティーラトン。分かりやすい、そして効果的。ポドルスキもクロス上げるお仕事に徹してた。
鳥栖の選手の運動量がちょっと落ちた気もしましたし、守備に入るのが早過ぎたかなという感じもしましたが…。

マイクウェリントンの放り込みは恐ろしいですね。
あれを最初からやり続けられると相当嫌です。

ジュビロウェリントンと相性悪いし嫌だなあ…。


まぁとりあえず
バルセロナを目指すとは何だったのか
って感じでしたね(笑)
神戸のバルセロナ化はまだまだここからです。